BYOとは

BYOとはお店にワインを
持ち込むことです

new_champagne

美味しい料理で有名な店 でも自分が好きなワインがあるとは限りません。お店のワインセラースペースも限られていますし、値段の都合で安いワインしか置いていないお店もあります。 美味しい料理に出会った時、「あ~ あのワインが飲みたい!」と思ったことはありませんか? また逆も然り。いつものお気に入りワインを飲みながら、「あそこのあの絶品料理をつまみに、飲みたいなぁ」

僕の場合はマヴィの社長という身分を明かして、ワイン持込みをお願いすることがよくあります。持ち込み料金は店によってちがいますが、OKといってくれることが多いです。

でも一般の消費者の方々には、持込みは「お店に失礼じゃないか」「割高になるのでは」と、まだまだ切り出しにくいことのようです。

そこで、美味しいワインと美味しい料理、みなさまのライフスタイルとのさらなる新しい出会いの場が広がる事を願って、「BYO Club」を創りました。

Bring Your Own (wine)とは、自分のワインをレストランに持ち込むことです。BYO Club加盟店では、誰でも特別にお願いすることなくワインが持ち込めます。もちろん持ち込み料金はかかりますが、これはお店のグラスを使わせてもらう使用料や、複数のボトルを持ち込んで料理のタ イミングに合わせて出してもらうための手数料です。お店の格に見合ったリーズナブルな料金で、「持ち込むな!」というペナルティであってはなりません。

BYO Clubでは、こんなお店が日本中どこにでもあったらと思い、ワインお持込みのできるお店をWebサイトに掲載し、持込条件を、たとえば、グラス1種類ごとに500円とか、ボトル1本につき2000円などと公開して、誰でもわかるようにします。そうすれば安心してワイン持ち込みを申し出られます。

いち早くこのサービスを取り入れていらっしゃる素敵なお店とともに、お店にもお客様にも喜んでいただけるBYOを日本中に広げたいと思います。

BYO Club代表 田村安

 

BYO Club代表 田 村  安
(フランス農事功労章シュヴァリエ)
(マヴィ株式会社代表取締役)

BYOのマナー
 メール会員募集
 飲食店様へ

BYOレストラン検索

都道府県、区(東京)、政令指定都市、地域はどれか1つ入れれば検索できます。

BYO店舗Pick Up

  1. 厳選素材の本格イタリア郷土料理を気軽にお楽しみいただけます <osteria to…
  2.    …
  3. 銀座駅直結のワインダイニング。お持ち込み1本¥1,800(税別)。月曜日は持ち込み無料です。 世…
  4.   築地直の新鮮な魚介の鉄板料理と本場月島もんじゃ焼き。 観光客の多い月島もんじゃ街から1本外れ…
  5.   BYO歓迎、少人数(2名)から大人数(35名)まで対応可能です。20名以上コース利用で貸…
ページ上部へ戻る