飲食店経営者様へ

BYO(Bring Your Own)というソリューションを提案します。

ワインはお客様に持ち込んでもらい、持ち込み料をいただくのです。この方法だとお客様はご自分のお気に入りワインを持ち込まれるため、満足度は確実に高まります。

BYOを取り入れるメリット

・ワインの仕入れ&管理費などのコストを削減
・仕入れは0円でも持ち込み料で売上が立つ
・予約率が高まり、計画的な仕込みでコスト削減
・自宅でワインが眠っている質の高いお客様を獲得可能

『仕入れを立てず売上が立つ!』

ボトル売上 2100円-仕入 700円=粗利 1400円
持込料売上 1500円-仕入     0円=粗利 1500円

ワインの売価は「仕入れの3倍の掛け率」などとされているお店もあることと思います。しかしこの方法ではワイン原価で700円のものが2100円の売価に、原価1500円のものが4500円の売価と、原価では800円だった価格差が、2400円もの売価の差となってしまいます。これでは安いワインばかり売れることになってしまいます。
ところが安いワインに掛け率をいくら乗せてみても、たいした利益にはなっていないはずです。700円で仕入れたワインを2100円で提供して、1400円の粗利をいただくより、1本1500円の持込み料をいただく方が利益は多くなります。

ボトル売上 4800円-仕入 1800円=粗利 3000円
持込料売上 3000円-仕入 0円=粗利 3000円

仕入1800円のワインは家飲みならば普段用ワインです。レストランで美味しい食事に合わせるにはちょっと力不足でしょう。粗利が同じ3000円であっても、お客様の満足度はBYOの方が格段に高くなります。

粗利率の向上と資金回転率の向上が期待できるBYOなら、お客様がワインを持ち込まれるのですから、ワインセラーの中で大切な資金を寝かすこともありません

お客様に好きなワインの持込みを認めているため、お店で仕入れて置くワインを「ある程度の回転と利益を期待できるように」ロスの出ないBIBワイン中価格帯のワイン数種類に限定しても不満は出ません

『明朗なBYO基準公開で集客』

BYO Clubでは、ワインお持込みのできるお店をWebサイトに掲載し、持込条件を、たとえば、「グラス1種類ごとに500円」とか、「ボトル1本につき2000円」などと公開しています。

これでお客様は安心してBYOのできる明朗なお店を予約されます。

『BYO客は必ず予約します!』

そう、ワインのボトルを抱えて飲食街をさ迷い歩くお客様はいません。必ず予約されます。しかも自宅でワインが眠っている質の高いお客様は、お料理とワインの相性も気にされ、料理の内容もあらかじめ相談されることが多いのです。
お店が食べて欲しい、シェフの勝負料理を提案することができます。ということは、食材の仕入れも、料理の仕込みも無駄なく計画的にできるだけでなく、本当に美味しい料理を提供できるので、常連客の獲得につながります。

BYO Club加盟店の特典と加盟方法

BYOClub加盟飲食店様からの声

「BYOで月に50組以上のお客様にご来店頂いております」
〜ビストロ向日葵さん〜

「BYOを通じて、お客様が本当に召し上がりたいものをお客様と一緒に追求することができます。21世紀の飲食はBYOから始まります

その他、加盟飲食店の皆様に頂いている声

「BYOで来店されるお客様はワインにこだわりのある方が多いので、客単価が高く
質のいいお客様が多いです」
「BYOをきっかけにお客様とのコミュニケーションが円滑になり、常連のお客様が増えました」
「ワインのストックにかかるコストの削減が実現しました」

日経MJでも紹介されました


BYO Club加盟店の特典と加盟方法
特定商取引法に基づく表記

ページ上部へ戻る